たまり漬け

和食たまり漬けは大根やキュウリ、ナス、らっきょうなどの野菜を塩漬けした後、塩抜きしたものをたまりや醤油などの調味料に漬け込み発酵させた日光の名産品であり、保存食です。たまりとは味噌が熟成していく過程にできる味噌から分離した液体のことですが、味噌醤油の醸造元である上澤梅太郎氏によって研究・開発されたのが始まりです。このたまり漬けを利用した、たまり漬けは全国様々な漬物があり、たまり醤油のたまり漬けは自宅でも簡単に作れる人気の漬物です。作り方は簡単で、漬け汁を作っておけば好みの材料を好みの浸かり具合で食べることができますよ。漬け汁の作り方は千切りにしたショウガと醤油・みりん・酢・砂糖を合わせ強火にかけ、沸騰したら火を止めます。たまり漬けはお手軽に作れる漬物になっているんです。本来の味噌のたまりを使ったたまり漬けは高級品になっており、一般には醤油が代用され販売されています。その材料は卵やたまねぎ、チーズまで及んでおり様々なたまり漬けがあるようです。またたまり漬けの素も販売されており、1~2時間漬けるだけで自家製のたまり漬けが出来るので利用する方も多いようです。

コメントは受け付けていません。